志賀高原 熊の湯 初すべり

日時 1983年12月15日~18日 日程 3泊3日(含車中泊)
人数 5名 天候 曇り・雪、寒かった
費用 約¥30,000 明細 ツアー代 21,300+他

概要

珍しくツアーで。
12月15日~16日
東京(22:30)→熊の湯(6:30)→陽坂ホテル(8:00)
10:00頃から滑る。
12月17日
9:00からリフトが止まるまで終日滑る。
12月18日
8:30から11:30まで終日滑る。
熊の湯(13:00)→東京(23:15)

・くつが合わず左足のくるぶしがいたかった。
・毎日雪が降り、新雪はすべりにくかった。

リフト券

パンフレット

現在から1980年代を振り返る

当時の記録は、不適切な表現、漢字や地名違いもありますが、なるべくそのまま転載しています。

当時はツアーを使う人が多い記憶があります。我々も時々ツアーを利用しました。ただ、次第に仲間の車で出かけたり列車を利用する機会が増えて行った気がします。このときは、ツアーを利用したようです。知らない人達とワイワイ行くのも良いものでした。
当時住んでいた場所を考えると横浜から乗った方が便利だったはずですが、なぜか東京から利用しています。行きと帰りの時刻は、パンフレットをみる限り13:00発、21:00着の予定だったようです。しかし、実際の到着は23:15になっています。たぶん、自宅へはギリギリだったのではなかろうかと思います。
男女比は、男性が多かったように憶えていますが、女性も1/3程度はいたように思います。ちなみに知人の少なくとも2名はスキーで出会った人と結婚しています。結婚までは行かなくても、お付き合いまで行った人はもっと多いです。確か、我々のグループの隣も女性グループだった気がします。かなり話したはずですが、当時は写真を撮る習慣もなく何も残っていません。

白黒のパンフレットと、表紙の女性を見ると当時を懐かしく思い出します。古い白黒に懐かしさを憶え、女性のその素晴らしい笑顔に当時の景気の良さで社会が元気いっぱいだったことを思い出します。このモデルの女性も現在は、立派なおばさまになってるでしょう。